庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2010年03月03日

¥162,085円/年





トヨタ頑張りすぎたろ!



山形県がつや姫を売り込んで、誰が儲かるのかという話は、前にさせて頂きましたが、ちょっと私の生活には直接結びつきそうもないので、消費に直結するガソリン高騰や、給与水準などが中心になります。



テレビでガソリン価格のニュースを一度も見ていないような気がするのは私だけではないはずですが、なぜ誰も文句を言わないのかという疑問を解決するために、色々と調べてみたのですが、地元のメディアは山形県の1世帯あたりの自動車所有台数は1.653台データこちらとのことで、全国5位になってます。どういうことかというと、軽トラックが車庫に一台、お父さんの通勤用で1台、お母さんの買い物用に1台、という風に、贅沢にも一人一台が当たり前だということです。ちなみに全国5位のマイカー保有率を誇る山形県の一人当たりの平均所得は、2,541,000円(内閣府)らしいので、これを12で割るとだいたい一ヶ月に20万に届かない位の収入があると仮定出来ます。そこから、一人一台のクルマにかかるコストを計算するのですが、車種によって差があるため、平均的な2トン未満の普通車を想定します。



税金¥34500円/年

車検等法定費用 ¥37800+¥22470+¥1100これを2で割ります=¥30685/年車検には法定費用の他に整備や点検費用名どが加算されますので、もっと高いです。

燃料¥1リットルあたり120円と安めに設定して、燃費が平均15キロだとして、会社まで往復15キロと仮定しても、一年で¥43200です。実際の燃費はもっと悪いですし、雪の日の燃費はさらに悪いです。しかも4WDだとさらに悪くなります。最悪なことにスタッドレスタイヤという悪条件も重なります。タイヤは6年使用くらいでしょうか。スタッドレスタイヤ+アルミSET ホンダ フィットが4本で¥52000円ですので、一年あたり¥8700円くらい償却します。

そして保険です。一括見積もりで、激安だったとしても、通勤でクルマを使う場合は¥45000円くらいでしょうか。

ローンでクルマを買っている場合、その支払がありますので、100万円を6年で支払うと、だいたい¥220000円です。金利がありますので、概算です。



簡単に数字を出してみましたが、これを合計すると、一年でどれだけクルマにおカネを使っているのかわかります。











¥162,085円(ニッポンのイナカ調べ)



一ヶ月で13,500円くらいです。ガソリンを120円で計算してます。







ローンを考えると¥382,085円です。









山形県民の平均所得を考え、この金額を除いた額で生活をまかなうわけですので、そりゃ大変です。子供さんの送り迎えや、通院など、公共機関を利用するべき交通手段にもクルマを使ってます。釣りに行くにも、山菜を取りに行くにもクルマです。趣味におカネを使うのはいいことですが、所得を考えると、クルマのコストをもっと下げられないかと考えたくなります。私の場合はクルマ2台とバイクを2台で合計4台の自動車に毎年数十万のおカネを払っています。





特にこれといったオチもない山形県の所得水準とクルマのお話でした。地域経済の回復を目指し、頑張りましょう(笑)























  
Posted by ニッポンのイナカ at 13:56Comments(0)

2010年03月03日

¥162,085円/年



トヨタ頑張りすぎたろ!

山形県がつや姫を売り込んで、誰が儲かるのかという話は、前にさせて頂きましたが、ちょっと私の生活には直接結びつきそうもないので、消費に直結するガソリン高騰や、給与水準などが中心になります。

テレビでガソリン価格のニュースを一度も見ていないような気がするのは私だけではないはずですが、なぜ誰も文句を言わないのかという疑問を解決するために、色々と調べてみたのですが、地元のメディアは山形県の1世帯あたりの自動車所有台数は1.653台データこちらとのことで、全国5位になってます。どういうことかというと、軽トラックが車庫に一台、お父さんの通勤用で1台、お母さんの買い物用に1台、という風に、贅沢にも一人一台が当たり前だということです。ちなみに全国5位のマイカー保有率を誇る山形県の一人当たりの平均所得は、2,541,000円(内閣府)らしいので、これを12で割るとだいたい一ヶ月に20万に届かない位の収入があると仮定出来ます。そこから、一人一台のクルマにかかるコストを計算するのですが、車種によって差があるため、平均的な2トン未満の普通車を想定します。

税金¥34500円/年
車検等法定費用 ¥37800+¥22470+¥1100これを2で割ります=¥30685/年車検には法定費用の他に整備や点検費用名どが加算されますので、もっと高いです。
燃料¥1リットルあたり120円と安めに設定して、燃費が平均15キロだとして、会社まで往復15キロと仮定しても、一年で¥43200です。実際の燃費はもっと悪いですし、雪の日の燃費はさらに悪いです。しかも4WDだとさらに悪くなります。最悪なことにスタッドレスタイヤという悪条件も重なります。タイヤは6年使用くらいでしょうか。スタッドレスタイヤ+アルミSET ホンダ フィットが4本で¥52000円ですので、一年あたり¥8700円くらい償却します。
そして保険です。一括見積もりで、激安だったとしても、通勤でクルマを使う場合は¥45000円くらいでしょうか。
ローンでクルマを買っている場合、その支払がありますので、100万円を6年で支払うと、だいたい¥220000円です。金利がありますので、概算です。

簡単に数字を出してみましたが、これを合計すると、一年でどれだけクルマにおカネを使っているのかわかります。





¥162,085円(ニッポンのイナカ調べ)

一ヶ月で13,500円くらいです。ガソリンを120円で計算してます。



ローンを考えると¥382,085円です。




山形県民の平均所得を考え、この金額を除いた額で生活をまかなうわけですので、そりゃ大変です。子供さんの送り迎えや、通院など、公共機関を利用するべき交通手段にもクルマを使ってます。釣りに行くにも、山菜を取りに行くにもクルマです。趣味におカネを使うのはいいことですが、所得を考えると、クルマのコストをもっと下げられないかと考えたくなります。私の場合はクルマ2台とバイクを2台で合計4台の自動車に毎年数十万のおカネを払っています。


特にこれといったオチもない山形県の所得水準とクルマのお話でした。地域経済の回復を目指し、頑張りましょう(笑)










  

Posted by ニッポンのイナカ at 13:56Comments(0)

2010年03月02日

求人





検索山形で、求人検索すると、山形らしい結果が出るようです。どう違うのかというと、Googleなどの検索結果では、求人におカネを払う大手企業が優先です。が、検索山形だと、キッチリ山形県の求人情報が表示されます。興味があったら検索してみてください。



今日は、新規事業に伴なう求人を出そうと思ってハローワークに行ってきました。とても親切な担当者で、親切に詳しく教えてくれたので、少しだけ紹介してみたいと思います。当たり前ですが、求人を公開するためには事業を営んでいることが前提とのこと(個人事業でもOK)で、事業内容を担当者に説明し、求人を公開する日程などを決定しました。なぜこんなことを書くのかというと、この経済状況のなかで、事業や雇用という定義が変わりつつあるということを感じているからです。

最低賃金や法定労働時間などの法律が変わらない限り、この不景気と失業率の悪化はそう簡単には改善しないのではないか?という疑問。仕事のことで悩むということ自体、幸せなんだということをもっと理解してほしいという希望。格差(差別)は日本に昔からあったし、民主主義と資本主義を取り入れたので、平等に金持ちになることなど不可能だという現実。過去の栄光を語る先輩たちは、自分が高度経済成長を支えたと勘違いしないで欲しいという要望。これらについては自分の立場をわきまえて書く理由を控えます。



企業に雇われて働きたいという求職者と、できるだけ雇わずに利益をだそうという事業主は、給料という数字でバランスを保っています。そのバランスが崩れ始めている国内の労働市場は、まさに今が買い時です。作業能力をおカネを出して買う(費用)という考えを持っている事業主は、そのリスクについてよく理解しているといえます。つまり雇う余裕がないだけなのです。ですが県内には業績が景気の悪さを押しのける勢いを持った、いわゆる財務状態が優良な企業もありますので、そこは人材を求めて求人を公開するのですが、給料の相場が下がっているので、人材は給料の高いところに自然と集まります。とはいえ、給料が高い職業というのは専門性が高く、一般労働者にも情報を入手することは出来るのですが、それを現実のモノにすることができません。金持ちのことは金持ちにしか理解できないという理論なのでしょうか。私も含めて、県民の多くは、自分の所得を踏まえて未来を描くとき、まず先に不安を思い浮かべるのですが、求職者は自分の身分にあった給料の相場から、実現可能な企業を定めて面接を申込みます。あとは、書類選考を通過し、面接でしっかりと自分の主張を企業にアピールできれば採用となります。

これを求人する側から見ると、面接でしっかりと人材を見極めることが大きなポイントになりますが、私は恐縮ながら事業主として、自社サービスの充実が収益に直結しているという現実を考えると、この雇用不安というものは優秀な人材を集めるチャンスだと考えてしまうのです。なぜなら、「社員に給料を払うために値上げします」という企業はどこを探してもあるわけがなく、言い方を変えれば、「サービス(商品)の質を落としてまで社員に給料を払うくらいだったら、クビにするか会社を縮小する。そうしなければ倒産する」という考えを持っているのが経営者なので、会社の利益につながらない雇用はカットされて当然なのですが、雇用契約や労使協定によって関係を明確にしている企業などは、カンタンにクビにすることが難しいわけです。それなのに失業者が増えるということは、それだけ日本がヤバイのです。GDPの値をみればわかります。山形県内の企業も、大手資本に支えられているんだということだということです。



このままダラダラとどうでもいいことを書き綴りそうになりますので、今日ブログに書いたことをさらりと忘れて、サービスの充実を目指して頑張りたいです。以前ブログで、働かないで暮らす方法という全く逆のことを書いたのですが、あとで読み直してみます。

  
Posted by ニッポンのイナカ at 02:21Comments(0)

2010年03月02日

求人





検索山形で、求人検索すると、山形らしい結果が出るようです。どう違うのかというと、Googleなどの検索結果では、求人におカネを払う大手企業が優先です。が、検索山形だと、キッチリ山形県の求人情報が表示されます。興味があったら検索してみてください。

今日は、新規事業に伴なう求人を出そうと思ってハローワークに行ってきました。とても親切な担当者で、親切に詳しく教えてくれたので、少しだけ紹介してみたいと思います。当たり前ですが、求人を公開するためには事業を営んでいることが前提とのこと(個人事業でもOK)で、事業内容を担当者に説明し、求人を公開する日程などを決定しました。なぜこんなことを書くのかというと、この経済状況のなかで、事業や雇用という定義が変わりつつあるということを感じているからです。
最低賃金や法定労働時間などの法律が変わらない限り、この不景気と失業率の悪化はそう簡単には改善しないのではないか?という疑問。仕事のことで悩むということ自体、幸せなんだということをもっと理解してほしいという希望。格差(差別)は日本に昔からあったし、民主主義と資本主義を取り入れたので、平等に金持ちになることなど不可能だという現実。過去の栄光を語る先輩たちは、自分が高度経済成長を支えたと勘違いしないで欲しいという要望。これらについては自分の立場をわきまえて書く理由を控えます。

企業に雇われて働きたいという求職者と、できるだけ雇わずに利益をだそうという事業主は、給料という数字でバランスを保っています。そのバランスが崩れ始めている国内の労働市場は、まさに今が買い時です。作業能力をおカネを出して買う(費用)という考えを持っている事業主は、そのリスクについてよく理解しているといえます。つまり雇う余裕がないだけなのです。ですが県内には業績が景気の悪さを押しのける勢いを持った、いわゆる財務状態が優良な企業もありますので、そこは人材を求めて求人を公開するのですが、給料の相場が下がっているので、人材は給料の高いところに自然と集まります。とはいえ、給料が高い職業というのは専門性が高く、一般労働者にも情報を入手することは出来るのですが、それを現実のモノにすることができません。金持ちのことは金持ちにしか理解できないという理論なのでしょうか。私も含めて、県民の多くは、自分の所得を踏まえて未来を描くとき、まず先に不安を思い浮かべるのですが、求職者は自分の身分にあった給料の相場から、実現可能な企業を定めて面接を申込みます。あとは、書類選考を通過し、面接でしっかりと自分の主張を企業にアピールできれば採用となります。
これを求人する側から見ると、面接でしっかりと人材を見極めることが大きなポイントになりますが、私は恐縮ながら事業主として、自社サービスの充実が収益に直結しているという現実を考えると、この雇用不安というものは優秀な人材を集めるチャンスだと考えてしまうのです。なぜなら、「社員に給料を払うために値上げします」という企業はどこを探してもあるわけがなく、言い方を変えれば、「サービス(商品)の質を落としてまで社員に給料を払うくらいだったら、クビにするか会社を縮小する。そうしなければ倒産する」という考えを持っているのが経営者なので、会社の利益につながらない雇用はカットされて当然なのですが、雇用契約や労使協定によって関係を明確にしている企業などは、カンタンにクビにすることが難しいわけです。それなのに失業者が増えるということは、それだけ日本がヤバイのです。GDPの値をみればわかります。山形県内の企業も、大手資本に支えられているんだということだということです。

このままダラダラとどうでもいいことを書き綴りそうになりますので、今日ブログに書いたことをさらりと忘れて、サービスの充実を目指して頑張りたいです。以前ブログで、働かないで暮らす方法という全く逆のことを書いたのですが、あとで読み直してみます。  
タグ :求人山形GDP

Posted by ニッポンのイナカ at 02:21Comments(0)

2010年03月01日

検索山形



検索山形の不具合を修正しました。





検索結果の表示ページでの文字化けを解決しました。



インターネットで地元の情報を調べたいときに便利なように、検索結果に関連する用語を修正して、利用者の多い地域がトップに表示されるようにしました。



たとえば、「釣り」 で検索すると、庄内地方の情報が多く表示されるので、県内からのアクセスはもちろんですが、釣りのメッカである庄内山形のポイントを探すときに役立つかなと思ってます。

  
Posted by ニッポンのイナカ at 00:26Comments(0)

2010年03月01日

検索山形


検索山形の不具合を修正しました。


検索結果の表示ページでの文字化けを解決しました。

インターネットで地元の情報を調べたいときに便利なように、検索結果に関連する用語を修正して、利用者の多い地域がトップに表示されるようにしました。

たとえば、「釣り」 で検索すると、庄内地方の情報が多く表示されるので、県内からのアクセスはもちろんですが、釣りのメッカである庄内山形のポイントを探すときに役立つかなと思ってます。  

Posted by ニッポンのイナカ at 00:26Comments(0)