庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2013年03月27日

iMovieで可能な限り動画編集

この数週間、ネット閲覧以外の目的でパソコンに触れる時間が多かった。

まず、動画編集について。

家電ビデオで撮影した動画をMacに取り込むとき場合に必要なモノ

Media Converter


これは便利だった。
各種設定を済ませたあと、AVCHDファイルをドラッグして変換されるのを待つ。

MOVになったファイルをiMovieに読み込ませて編集

書きだすときは、必ずHD画質を選択。


このご時世、わざわざDVDに焼くことなど無いと思ってたけど、今回は残念ながら数十枚単位で焼いた。その時使ったアプリ

burn

何枚も連続して焼くときも使える。ちょっとした設定で済む。
焼きあがったあと、勝手にMacのDVDプレーヤーが起動するので、あらかじめDVDプレーヤーの設定を確認して自動再生っぽい項目のチェックを外しておく。
ファイル形式によってはエンコードしてくれる。



   
Posted by ニッポンのイナカ at 23:58Comments(0)

2013年03月12日

AppleTVとプロジェクターってアリなんじゃないか

我が30余年の人生で初めてプロジェクターを使った。
素晴らしい機器であった。
これにAppleTVをつないだらもう大画面液晶とか不要じゃないかというレベルで欲しくなった。

近視としては高画質であることよりも「映画見てる感」を大事にしたい。



ちょっと気になってるのは、プロジェクターが放つファンノイズ
それから放熱。
あとホコリ。
せっかく静かなシーンで「フィーン」ってなってたら気になるし、どのプロジェクターも本体は熱を帯びるだろうし、寝室などのホコリ舞う空間では気になるかもしれない。こんなに我が家の空気は汚れているのかと。

AppleTVはわかるけど、
ちょっとAmazonをチェックするとプロジェクターは多種多様。
なんと、iPhoneにつないでみるタイプまであるではないか。



これはアウトドアで大活躍するのでは。極上の大自然と小林旭もしくは久石譲。夜になったら北の国からもしくはジブリ作品。

数日間の野営にも対応。

現在、最もコストパフォーマンスの高いモバイルバッテリーである鉛バッテリーをフル充電しておけば電源は問題ない。モバイルデバイスの充電と使用が目的であれば、キャンプサイトひとつにバッテリーひとつで充分だろう。



   
Posted by ニッポンのイナカ at 22:07Comments(0)

2013年03月09日

動画を撮って編集してDVD化するんですけど

Macを買って動画を編集するぞと意気込んでたのだけれど、実際はMacじゃなくても全然OKだったというのはさておき、今回のように、誰かのために動画を編集して出力するときに色々と苦労した(というかググりまくった)のでメモ。


編集して個人的に観たりYouTubeにアップしたりするために必要なモノ

iPhone
iMovie

撮影機器と編集アプリがあればいい。
あとはどれほどのクオリティとセンスが加えられるかが大きなポイントとなるが、杞憂するのは撮影して編集に取り掛かろうとするあたりまで。

今現在のように編集の途中でブログを書くというやる気のなさや、平べったくて一律な内容の動画を作成しなければならない場合の編集作業について。


卒業記念ということで、クラスメート全員が同じように収められていなければならず、うちの子だけ云々だとか、内容について他の保護者の方々から色々と言われたりするので、作ってるときの気分はNHKっぽかった。まだ作ってる途中だけど。


初めての動画編集なので、iMovieの使い勝手などを評価できず、もしかしたら他のアプリはもっと簡単に色々とデキるのかもしれないが、今回はiMovieだけで編集。
撮影はiPhone。取り込みが楽だから。


編集するときに、テーマというか、こういう感じに仕上げたいというのがあるはずだが、例えばインタビューっぽくとか、PVっぽくとか。
でも立派なシロウトが作るんだからそれなりに出来上がれば文句なしということで、生徒ひとりひとりの持ち時間を最大45秒として、内容を決めて撮影してきた。

複数のカメラで撮影すべき。あとで編集するときとても重宝することがわかった。画質を統一(できれば同じ機器のほうがいいのかな)しておけば、音声だけ使ったりもできる。今回はMBPの内側カメラを利用して別アングルで撮影したが全然つかえなくて残念だった。

完成形がイメージできたら、撮影のときも編集のときも迷うことなくコツコツと作業していけばいい。
その逆に、撮ってから編集してアレしようとするなら、ある程度の経験が必要だと思った。

 ここまでは動画編集途中の流れ。シロウトでもある程度のモノはできるということがわかった。センスがなくても大丈夫。

   
Posted by ニッポンのイナカ at 23:09Comments(0)