庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2016年06月27日

【龍神月山】ストライダークラス的な話で盛り上がった

龍神月山の会場にストライダークラスみたいなモノがあったら家族連れも楽しいかもねっていうような話をしてて、レギュレーションも含めてパパライダーと話が盛り上がってしまった。

現実的には、端から見る立場ではあるけどスタッフの努力や大変なところも見聞きしてるし、まず何よりも他のことに目が向くほど経験もないので、理想としては色々と空論を展開出来るけど、

いざ実現するとなると子供メインのイベントとして別の括りで準備を進めないとダメだと思うし、人数が増えればトイレの数も足りないから予算も変わってくるし、バイクとは全く別のコースも設けないといけないし、子供の数そのものが少ないという現実ではあるものの、

そんな状況で、わずかに存在する逆張り大好きなひねくれた親というか、我が子が「安全が保証された冒険」に歩み出すのを阻むパターンもあり、


本来の意図である、「オフロードバイクと大自然が大好きなオッさんのためのイベント」に影響が出ては今後の開催が危ぶまれるという懸念もある。

だけど、バイクは危険な乗り物とはいえ、その危険をよく知った上で安全に楽しく扱えるオトナがいて、こんな風に本気でレースしてるんだよ的な、

参加する全員の意識として「バイク?危ないけどちゃんと乗り方を覚えてルールを守ってしっかりと準備をすれば、誰でも楽しめるエキサイティングなエクストリームなものなんだよ」的な空気感を醸し出せてると信じていれば、子供達も肌で感じるモノがあると思うし、
例えていうなら「フェス」的な感覚で次世代にうまく引き継ぐことが可能なんじゃないかなと思ったりしてる。

庄内町は子育て支援日本一を目指してるという話も聞いたことがあるから、行政が少しだけでもそのあたりを協力してくれるのであれば、多少の希望も見えてくるような気もしないでもない。

「協力」というのは関わるという意味にもとれるし、逆にあまりタッチしないでどうぞご自由にということでもあるという意味であるけども、

国内でも数少ない恵まれたフィールドで、しっかりと親が見届けられる状況のなか、子供達の目がキラキラと輝き、汗をかいて体をいっぱいに動かし、クタクタになって帰りのクルマの中でヨダレを垂らして寝ている姿を想像出来るオトナが権力とカネを行使する立場にあるのならば、きっといい方向に話が進むと信じて、この妄想を記しておく。

  
Posted by ニッポンのイナカ at 22:52Comments(0)

2016年06月26日

【龍神月山】エントリー完了

今年もエントリー
準備を進めよう
マシンも新しくなったし、昨年よりも周回数を増やしたい。

参戦するにあたり、スペアパーツやプロテクター、ウエアなどネットで買いまくってるので嫁から向けられる目線は冷ややかである。
「一年に一度だけ、自分の限界に挑戦するんだよ!」と比較的大げさに言ってあるのでそのあたりは寛い心で受け止めてもらいたい。

前泊なので、天気が良ければ家族でキャンプしながら参加したいので道具をチェックしていたら、ツーバーナーがみあたらない。もうひとつのガソリンストーブから燃料漏れ。子供たちが大きくなってるのでもしかしたらテントが小さくなってしまってるかもしれない説が出てきて、おいおいそっちの予算はみてなかったからどうするか検討中。キャンプ道具については、家族で使うものなので嫁も快くOKしてくれるだろう。

このために私は、家中の窓ガラスを掃除し、風呂の床を磨き、洗濯物干し場を整え、ガレージのゴミ置き場をバージョンアップし、子供たちをお菓子や小物で買収し、常に早起きして意味もなく片付けをして、家族からの厚い信頼を得ようと努力している。
  
Posted by ニッポンのイナカ at 20:38Comments(0)

2016年06月12日

【釣果】ダイソーのルアー

最上川の水門
日没後
ナマズ
ダイソーのルアーで出まくりタイムを楽しみ、ボランティア精神に則り周辺の整地
だがしかし、ジッターバグのほうが出る  
Posted by ニッポンのイナカ at 12:26Comments(0)

2016年06月08日

【釣果】今年一発目

仕事終わりに最上川周辺の水門
ナマズ
ジッターバグがキズだらけになる

ナマズは捕食が下手なのだろうかそれともウデが悪いのだろうか

ノゴイの巣とも言える場所を見つけた
  
Posted by ニッポンのイナカ at 07:07Comments(0)

2016年06月01日

女性用の作業着が無いので

男女の差別を無くす目的なのか、仕事に困ってるのか、性別で仕事の結果に差が出る業種に女性が就くことのメリットはなにか。
日本が経済成長を成しバブル期を経て景気の澱みから抜け出せない現在に至るまで、この現場で女性が活躍したことは無かったと言っていいだろう。

言い換えれば、体力的、身体的に活躍することは非常に稀なのだ。重いものを持ったり、特定の危険を伴う作業にあたる場合、経験や技術だけでは補えない体力的要素が時に重要になることがあり、その場面で女性は所謂ハンディを負うことになる。つまり現場で誰かの手助けが必要になり、作業効率が落ちる。

男女問わず仕事ができる環境を整えるための設備投資も必要になる。とはいえ、法的には危険作業は禁止されていて、正直なところ現場では見て見ぬフリをされているケースが多く、その状況で「女性だから」という違った差別を受けることをどのように感じているのか。

我々現場大好き作業員としては、「この作業は女性でも出来るけど、あの作業はムリ」などと呑気に仕事をしてるほど潤沢な予算はどこにも存在しないので、努力してる姿を見ても、やはり結果にフィードバックされなければ「仕事をした」とは言えない。

そもそも予算が潤沢なら、女性は事務や給仕として雇われるだろうから、現場で動く人間が女性の煩わしさを厭うことはない。

唯一のメリットは、今まで存在しなかった「現場で意識する異性へのアピール」である。
やる気のなかったオトコが、女性と共に働くことで少しでも張り切って動いてくれることは現場の活性化に繋がると考えられる。

これからも、男女の差別を無くすという一時的な現場混乱期は続くだろうが、煩わしい思いをしてまで女性と働くことを求めることはないと言い切れるだろう。  
Posted by ニッポンのイナカ at 12:56Comments(0)