庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2010年10月28日

濁沢の青すぎる沢の水

先日も、月山エリアはまだまだ魅力たっぷりであるということを、ここで書いたのだが、そのときの写真がこちら






写真を加工したと思ってしまうような青さである。鮮やかすぎるコバルトブルー的な色だ。コバルトブルーというのがどういう色なのかわからないため、あくまでもイメージである。カリブの海を思わせる水面に、紅葉の木々がミスマッチだ。この景色をみるために少しだけ歩いたのだが、そのときも動物のウンコが落ちていて、踏みそうになった。急斜面だったので、こんなところでウンコする動物も、なかなかいい根性をしているなと感心した。



濁沢に沿った林道を登って行くと、見ることが出来る。
地元住民に聞いたところ、あの青い沢は、魚も住むことができない水が流れていて、だからあんなに青いんだと言っていた。

この景色を見たとき、どうしても水の近くに行ってみたいという衝動にかられたが、熊の気配を勝手に盛り上げたため、ビビリまくっていたので、近づくことができなかったのだ。



Posted by ニッポンのイナカ at 22:02│Comments(1)
この記事へのコメント
帰ったら行き方教えてくれ!
海外を旅していてもなかなか
こんな景色に出会えんぜ!
観光地にもならずこんな場所が
眠っているとこが山形の良い所
でも有り不器用な所でもありますな・・
Posted by yas2 at 2010年10月31日 10:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。