庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2011年02月26日

webandpeace.netの活動として

私はひとつドメインを持っていて、それを使ってメールアドレスを沢山作ったりしている。主にそれに使っている。あとはgoogleappsの他のサービスをたまに使う程度。おそらく正しい使い方があるのだろうが、ドメインとサーバの関係だったりなどを身につけるよりも有意義な時間を過ごしてしまう。
なにかいいことがあったかと言われると、特にない。まだ具体的にどうやって使うのか理解していない。例えば、WordPressなどにも手を出してみたいが、そんな時間がない。だがやってみたい。
行政管轄組織からの依頼で色々なデータ編集などはたまにボランティアでやっているが、金額に換算しようとしても相場がない。ということは、値段つけ放題なのではないだろうか。そもそも行政がやるべきことを、私は現在のところ無償でやっているのだから、少しくらいは減税してくれてもいいような気がするが、町長さんはそのあたりのところをどうお考えなのだろうか。

 以前ブログで書いた除雪費用ばらまきの件を、教育や社会奉仕に当てはめて考えてみたら、とてもピースだったので、そんな活動を現在のところ社会的利益を優先してみたら、なかなか面白いのではないだろうか。@takapon_jpは、アイデアはすでにネットでありふれてるので、それを如何に実装するかがポイントだということをTwitterてせっせとRTしていたが、彼はおそらく宇宙のことでアタマが一杯で、我々イナカの住民のことなど、2ちゃんねらー的な感覚で、別世界の人扱いしているにちがいない。

彼の言う、アイデアを実装するということは、思いついたことを情報のままにしておくのではなく、行動に移せということだろう。個人資産数百億円の男がそう言っているのだから、私も少しやってみようかという気分になるが、なかなかめんどくさい。

私が実装しようとしていることはGoogleのサーバにいくつかあって友人と共有しているが、ひとつ例にとるならば、ペットボトルを壁一面に貼りつけて、断熱効果の有無を確認するというもの。これは頑張ればできそうな気がする。

これは、日々消費されていくたくさんのペットボトルを利用し、低コストで試すことが出来る。もしこれで高い断熱効果があったとしたら、もう壁のなかにあらかじめ埋め込んでしまえばいいのだ。あとは耐久性の問題をどうクリアするかということを考えればいいのだ。色々なことに応用が効く。「ペットボトルだけで作った家」というのも魅力的だ。

世界が凍りついて、人々が寒さに凍える時代がやってきたとしても、我が家だけはペットボトルの厚い壁に守られて、効率的に暖をとることが出来るのだ。

もうひとつは、ペットボトルを長靴の底にはりつけて、如何に断熱効果があるかを実験するというもの。

これも、コンビニのゴミ箱などに日々捨てられていくペットボトルの空容器を、その道のプロに依頼して拾ってきてもらう。そしてそれが大量に集まったところで、実験を開始する。イナカにはゴミを拾って生計を立てている職業の方々が貴重なので、インターネットを利用して募りたいところだが、webにアクセスできるにはまだ敷居が高いので、私はまず、ネットの便利さを広める行動をとらなければならない。

ペットボトルの家を建てるためにまずすべきは何かを考えると、私の所有するドメインの有効利用という答えにたどり着くため、結局こうしてブログを書いて明日からの久々の連休にそなえることになるのだ。


Posted by ニッポンのイナカ at 00:15│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。