庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2011年03月13日

不安な日曜日を過ごした

今日一日、クルマに乗らずに過ごした。ガソリンが足りないらしい。

私の住む地域では、停電から復旧し、食料を各家庭で買い込み、燃料などを確保しているといったところ。

以下、個人的な認識を書いてみた。社会に適した行動をとるべきである。


水は大丈夫らしい。水道から水が出なくなっても、喉を潤す方法はいくらでもある。

ガスは情報がない。停電でもガスコンロが使えた。元栓を閉めてガス漏れに備えるべきだろうが、生活する以上ギリギリの判断が必要。火災になったら大きな被害となることを心得ている。ガソリンストーブを大鍋仕様にした。

電気の使用は抑える。いくらテレビを見ても、ほしい情報がない。どの情報を欲しいのかを明確にしておくべき。生活に必要な電力は最低限使っている。ドライヤーで髪を乾かしたり、炊飯器で保温したり、冷蔵庫や洗濯機などを使用したり。主に家事のため。

通信は今のところ大丈夫。テレビが子供向けではないため、台所のテレビにノートパソコンを繋いでデスクトップとファイルを共有して動画など。youtube見たり。Twitterがすごく役立っている。#japanとか、#prayforjapanなど、世界の一般人からアツイメッセージが届くし、@uesugitakashiはラジオを変えた。生活情報もやりとりできるし、なかなか使えるツールである。というよりむしろみんなが使えばよりスムーズな救済が可能である。

地元のガソリンスタンドは混雑、混乱。携行缶をたくさん持ってきて給油しようとするオッサンや、軽自動車にハイオクを入れてくるウチの嫁など。タンクが空になりましたと言われたらしい。軽油はまだあるとのこと。灯油もそのうち底をつくという定かではない情報もあり、我が家のホームタンクでの使用限度を計算したが、一ヶ月が限度。

スーパーにはまだ食材はある。カップ麺やパンなどが品切れだったが、私は板チョコを大人買い。被災地ではないため、料理ができる前提で小麦粉などの素材を購入。ワインも購入。米と漬物で過ごせるはずだ。

物流がストップしている。ヤマト、佐川は公式サイトで東北方面の集荷配送を見合わせたと発表した。ネットで買物が出来ないということである。危険物を輸送する車両も、走行ルートが限られているし、長距離間輸送での途中給油が不確定なためだろう。
とはいえ、数万人が生活を送れなくなるという事態には至らないと私は考える。

キャンプ道具を点検して、給油など。ガソリンランタンは本当に役立つ。それから、ソーラー電源のLEDライトも安心して仕様出来た。あらゆるものを充電するためのアダプタやUSBハブ、インバータなどをひとまとめに。

iPhoneとiPodのライブラリを更新。これは日常的なことだが、プレイリストにノリの良い曲と落ち着く曲を中心にまとめた。


明日から平日になり、子どもたちの学校は通常どおりという防災無線からの情報があり、スクールバスも走るとのこと。給食も出るらしいが、庄内町のサイトでは一切の情報を得ることができない。

常備薬、処方薬なども供給されるかどうか。


記事の下にもGoogleのガジェットを追加してみた。役に立つかどうかはわからないが、現地との確認に使える。


Posted by ニッポンのイナカ at 23:25│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。