庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2011年03月18日

災害ボランティアの受付について


災害ボランティアの受付について

リンクをクリックしてくれた方は、自分がいけるかどうか考えたと思う。だが、これに応募出来る人は限られている。




私たちは生活するだけで精一杯の賃金で、今までもいろんなコトを節約して生きてきた。そしてさらに燃料不足が重なり、安否を気遣い、国の行く末を案じている。それでも被災地のために自分を犠牲にすることができるかと私が問われたら、おそらくイエスとはいえない。みんな、出来る限り自分にあまり影響の無いレベルで心配している。私もその一人だろう。

ほぼ毎日通る道に並ぶクルマの列を見て、ガソリン不足が深刻なことは理解できるが、それが自分にとって必要なのかそうでないのかを考えず、身の危険センサーの数値を鵜呑みし、欲に身をまかせるような思想から現れる行動も、私にも当てはまってしまう。私の場合、燃料の心配をあまりしなくてもいいので、あれだけ並んでまで買おうとは思わないし、正直いってバカじゃないかと思ってしまうが、自分自身がきちんと保証されているからに過ぎない。人より先に手を出しただけのことだ。予測不可能な状況に陥ったとしても、あきらめがつく。仕事に行けないのは、貴重なガソリンを数時間も並んで給油することができなかったからではない。供給されていないため、価値が変化したというだけのことである。高いお金を払えば手に入るのだから。ただそれが出来る国民が少ないだけで、国内備蓄は十分にあると政府も言っている。

そういいつつも、ちゃっかり携行缶に10リットルくらいキープしてしまう。

経済産業省 環境エネルギー庁によると、だいたい3ヶ月くらいは大丈夫なようだ。少なく見積もっても、この寒さが和らぐ頃までは補給されるだろう。

2月のデータだが、くわしくは石油備蓄量 環境エネルギー庁の資料をご覧頂きたい。もしかしたらテレビでやってるかも知れない。テレビはめんどくさいので、自分で調べたほうがいい。ググるといろいろでてくる。

私は、明日から完全に燃料の供給がストップして、再開の見込みが立たなくなったとして、最後の10リットルを被災地の方に差し上げることが果たして出来るだろうか。
コンビニでATMから現金を引き出して買い物し、おつりを募金した帰りにガソスタ並んで灯油を買って家に帰って、コンビニで買った貴重な缶ビールを飲みながらテレビを見て震災の被害状況を見るというのは、当たり前のことだろうか。

困っているひとのために出来る限りのことをしているのに、なかなかいい方向に進まない状況である現在、私自身、ムリに平常心を保とうとしているような気がする瞬間がある。



ここまで書いて、私自身のあらゆる我執を捨て去ろうとしてみたが、まだまだそう簡単に悟りをひらくことは出来ない事がわかった。





被災された方々(東北全て、日本全て)の皆さんのために私にできることとして、なるべく正確な情報をTwitterなどに書き留めている。そしてそれらの情報にたどり着きやすい環境づくりを心がけている。

Posted by ニッポンのイナカ at 22:51│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。