庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2011年05月16日

震災の被害を受けた県道211号

先ほど、山形県の業務に関わる筋からの情報によると、月山8合目に通じる県道211号線が、地震の影響で路面に亀裂が入っており、道路のみならず斜面全体に影響が広がっている模様。

これを受け、今シーズンの月山筍の収穫は認められず、ゲートの横をバイク等ですり抜け、無許可で侵入することを完全に禁止するとのこと。通年であれば、黙認してきた筍採りを、今年は厳しく規制することで、市場に出回る月山筍の価格が高騰すると予測する。


大きな地図で見る

亀裂を発見したのは、7mを超える積雪を除雪した作業員とのこと。気づかずに作業を進めていたら、崖崩れなどの二次災害が起こっていたかも知れない。


高級食材である月山筍は、国立公園内で採れるため、少なからず物議を醸しているが、独自のルートで山開き前の公園内に立ち入り、藪の中を30㎏の荷を担いで数時間進む猛者もいる。


ニッポンのイナカとしては、あくまでも自己責任での入山とし、規制が強化されないことを望む。なぜなら、今も昔も山に入ったら人間は一つの命として数えられ、人間として特別扱いされることがないからである。

山形県からどのようなアナウンスがあるのか注目される。







Posted by ニッポンのイナカ at 23:25│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。