庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2008年10月21日

SHIP おぼえてます?







きました。リアル昔話になりつつある酒田が産んだアイドルグループ「SHIP」



画像元記事http://www1.ezbbs.net/23/s-produce/なのですが、リンクに関する項目が見当たらなかったので、ダメならすぐ削除します。





私個人としては、アイドルというより、誰かの趣味に付き合わされてしまったかなしいイメージです。

トレンドとは言いがたいですし、ターゲットがヲタクだったのかどうかすらも解らず、本人たちはスターを夢見ていたのでしょうか?







何はともあれ、こういうネタを見つけている時間があるオレの生活に疑問ですが、とりあえずログを進めてみます。





曲を聴いたことがあるという方、いらっしゃいます?

たしか、酒田エフエムで流れていたのをシーバス釣りしてたときに一瞬きいたことがあるような。ないような。



将来的にはこういった画像たちは、インターネット上のデータベースの中で、ひっそりと検索されるのを待っているのですね。







アキバのヲタたちが、コスプレしたり、アニメキャラのバイナルまみれの痛車に乗ってるのとは少し

雰囲気が違うような気がするんですよね。どうしても。ターゲットの年代が高いと言うか、出すとこ間違えたみたいな。

酒田発とか、TMO事業と絡めてたようなニュアンスです。





アイドルは、作られるものであると考えるのが正しいと思います。

作り物だからこその輝きがあり、そこでビジネスが生まれたり、伝説が生まれたりするのです。

だって、この子達、自分らだけでここまで来たわけじゃないはずでしょ?公式サイトも閉鎖だし、マニアサイトだけが残ってる感じです。このままの状態では本人たちが・・・。

あれ?元SHIPじゃね?って言われて、堂々としていられるように、過去の栄光を活かせる環境を作ってあげるべきです。地域の人たちもかかわってるんだから。





まぁ。自分らがやりたくてこういうことしてるなら話は全く別ですけど。







とにかく、仕掛け人というか、プロデューサーみたいな人とお話してみたいです。行政の。

インタビューしたら、スプーンとかで取り上げてくれないかな?





酒田をイメージして、アイドルというのは無いですもん。なぜなのかと。











プロジェクトは酒田市商店街連合会、酒田なかまち商店街振興組合連合会青年部、酒田商工会議所青年部、酒田青年会議所等による実行委員会により運営。プロデューサーはCHO-BAY氏。ステージディレクターは地元の音響照明会社「KETY」の関浩一氏。はてなキーワードより抜粋





そこそこヲタの心をつかんだようです。全国的にもご当地アイドルやローカルアイドルと言われるモノが存在したようです。



はたして酒田は活性化したのでしょうか?



















ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=SHIP&oldid=21877368





はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/keyword/SHIP





日本の著作権の利権団体-ジャスラック

http://www.jasrac.or.jp/index.html








Posted by ニッポンのイナカ at 20:04│Comments(8)
この記事へのコメント

こんにちは!
公式サイトが閉鎖されるまで「SHIP」のブログを読んでました。
酒田でライブを観る前に解散してしまい
一度もライブを観れなくて終わってしまいました。ちょっと残念です。
⊂(^O^)⊃
Posted by 山形のコアラ at 2008年10月21日 20:35

ご注目ありがとうございます
今だから語れる事…沢山ありますので…お答えしましょう
「はたして酒田は活性化したのでしょうか?」
いきなり核心ですね
「SHIP」に拠って活性化したかと問われれば
メディア露出で捉えれば「SHIP」の存在による報道・放送で「酒田の…」と必ず出る仕掛けですから活性化に寄与したかと思います
(自治大学の講座での経済効果試算では広告費一億八千万円相当と発表されてました)
それにより酒田が「経済的活性」したのか?… を問われれば疑問難問!
これは難しい問題です「酒田の…」と露出した事を利用するものがなければそれもありえないわけでして「活性化」を行ったのか? でしょうね
==今だから言える==金銭関係
「SHIP」の活動は市や団体からの補助や予算は一切頂いておらずSTAFFの持ち出しにより運営されていた
(どんしゃん祭りでのオーディション時は予算を頂きオーディションと一年間の育成費に充てた)
出演時はノーギャラであり交通費さえ持ち出しの場合も多かった
本人たちへの支出も食事代、衣装・美容代程度でノーギャラであった
ライブ時の機材費、運営費も無料、ボランティアでの参加であった
インタビュー受けますので遠慮なくどうぞ!
 
Posted by S at 2008年10月21日 22:49

山形のコアラさん
 コメントありがとございます。
SHIPブログ、オレも読んでみたかったです!!
Posted by 庄内オトナ at 2008年10月22日 18:54

S さん
 こんばんは。なにやら事情通な におい がしますね♪
私のブログでこうしてご内情を明かしていただけるのですから、とてもありがたいです。
 
 もしよろしければ、http://shownight.n-da.jp/blog_message.phpからメッセージいただき、お互いに有益なコミュニケーションが出来ればと考えています。さすがにコメント欄で一問一答では恐縮です。
Posted by 庄内オトナ at 2008年10月22日 19:22

皆さんが聞きたいことでもあると…(多分)思いますのでこちらで大丈夫ですよ!
メンバーの個人情報は(一部公共放送では本名公表)発表しておりませんし
実生活とは別人格のキャラクターをたてておりますので相当なところまでお話できると思います
ブログは下記が生きてる状態です
http://ship.blog.drecom.jp/
http://blog.livedoor.jp/air_ai/
http://blog.livedoor.jp/airrena/
Posted by S-PROのS at 2008年10月23日 00:46

Sさん
 それでは、覆面ということでいくつかお答えちょうだいいたします!
私の個人的な意見も含まれるカタチになると思います。
 
 ・私は活動期間中のコトをあまり知らないのです(大変失礼いたします。)が、その当時、もっとも注目されていると感じたのは、どんな時ですか?
そのときの運営側と本人の皆様のスタンスはどのようなもので、その人気
の先にどのようなビジョンがあったのでしょうか?
 ・素人目線の私は、 人気=収益=ギャラ という流れを安易にイメージしてしまうのですが、公益性の高いプロジェクトの中で、どのように人気を酒田市や
商店街に具体化して反映していこうとお考えでしたでしょうか?
 ・2006年のオーディションの結果をふまえ、現在の酒田市にSHIP育成当時のような地域の活性化を目的とした活動、全国が注目するようなバイタリティあふれる取り組みはありますでしょうか?
 ・SHIPのメンバーは、これから成長してそれぞれの社会でご活躍されるわけ
ですが、一般の庄内の同年代にはない貴重な経験をしてきたと思います。
現在の彼女たちはその経験をどのように捉えていますか?
以上、4つに分けてみました。乱文ご容赦ください。お答えいただける限りでけっこうでございます。
Posted by 庄内オトナ at 2008年10月23日 21:45

・活動期間中もっとも注目されていると感じたのは、どんな時ですか?
そのときの運営側と本人の皆様のスタンスはどのようなもので、その人気
の先にどのようなビジョンがあったのでしょうか?
TV 「NHK ポップ・ジャム」「NTV 金持ちA様貧乏B様」…等ゴールデンタイムの放送に取り上げられたり、雑誌「週刊プレイボーイ」「プレジデント」…等一流紙に数多く取り上げられた時です。
運営側の必死さに比べて本人達は「商店街」を看板にした取り上げられ方に「=人気」では無いと案外冷めていました。
SHIP企画は商店街の顧客で足りない世代を「ファミリー」と捉え誘客に繋げるものでしたので制作としては「注目」の先に如何にして人気を集めるかを常に考えていましたね、選曲や脚本は小学生と子供達に付いてくるお父さんお母さんの両方に向け80年代ポップスを「新しくて懐かしい」形で再現しました
 ・人気=収益=ギャラ を公益性の高いプロジェクトの中で、どのように人気を酒田市や商店街に具体化して反映していこうとお考えでしたでしょうか?
SHIP自体での収益は考えていませんでしたので「放送」「掲載」「公演」での注目や集客を「活用」する市や商店の行動を期待していました
一部関連グッズを運営側が制作しましたが本意ではなく
「S.H.I.Pも頑張るからあんたらも頑張れ!」てことですね
具体化して反映される側が行動しなければ何も起こる事はない訳で、それを「商店街とS.H.I.Pの両輪で活性化に繋げる」
「誰かの為にではなく自分の出来る事を出来る事から始める」
「夢は絶対叶う!夢は私達を見捨てない、夢を失うのは私達自身でしかない!」
と表現していました
その為にも一年の育成期間後は極力紐付きを避けました
 ・2006年のオーディションの結果をふまえ、現在の酒田市にSHIP育成当時のような地域の活性化を目的とした活動、全国が注目するようなバイタリティあふれる取り組みはありますでしょうか?
全国的に知れわたった「SHIP」と同じ場所、同じ時間に「中町」で毎週ライブを行っている「でこぽん2」というグループを同じように制作しています
「でこぽん2」が二期SHIPと捉えています
全国的に知れわたった「グリーンハウス」という映画館があった中町で映画を上映する「中町シネサロン」に全面協力しています
全国的にヒットしている映画「おくりびと」の制作に協力した「酒田ロケーションボックス」の活動に参画しています
 ・SHIPのメンバーは、これから成長してそれぞれの社会でご活躍されるわけですが、一般の庄内の同年代にはない貴重な経験をしてきたと思います。
現在の彼女たちはその経験をどのように捉えていますか?
当初は同世代の方々が経験する楽しみを「失しなう」事への不満がつのっていたようですが、通常の生活では経験する事のできない「大人の事情」だらけの活動の中で身に付けた社会性を一定の時間経過した今、反芻しながら理解し始めたであろうと…期待しています
高校卒業時点で「どこへ出しても恥ずかしくない子達」に間違いはありません
正直、活動以外でのメンバーとの連絡や会話はありませんので現在の思いは分からないのが事実です
Posted by S-PROのS at 2008年10月24日 02:27

ありがとうございました!
 現在、ゆるキャラの一部やご当地ブランド食品など、たくさんの地域活性を目的としたジャンルがあり、酒田市だけではなく、庄内地方全体がスポットを浴びるような明るいニュースが増えるといいと思いました。 
庄内各地で映画のロケがあったり、ワイドショーなどでも山形のコトが取り上げられたりしていますよね。
 Sさんのコメントを読ませていただき、私にとってとても充実できる内容であったことをうれしく思います。
SHIP本人たちにも、当時のことを聞いてみたいとも思いましたが、現状を熟慮し、これをもって、終了とさせていただきたいと思います。
 Sさんたちのご活躍と酒田の活性化を影ながらお祈りさせていただきます。
本当にありがとうございました!
Posted by 庄内オトナ at 2008年10月26日 17:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。