庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2008年10月27日

妊婦さんの件







妊婦さんたらいまわしの件、夫がスゲーいいやつで、オレは感動してしまいました。



夫によると、妊婦特有の高血圧もなく健康だった妻の容体が変わったのは4日夕。掛かり付けの産科医院に着くころには頭痛が激しくなり、医師が搬送先を探している間中「痛い痛い」と言い続けていた。「こんなに医療が発展している東京でどうして受け入れてもらえないのか、やりきれない思いだった」

 約1時間後、都立墨東病院での受け入れが決定。救急車では「痛い」とも言わなくなり、「目を開けろ」と言ったら辛うじて開ける状態。「病院に着くころにはもう開けなかった」と振り返り、声を詰まらせた。

 搬送要請で、医師は頭痛が尋常でない状況を伝えていたといい、「伝わらないはずがないと思うが、誰も責める気はない」と夫。最初に断った同病院の当直医について「傷ついて辞めるようなことになったら意味がない。絶対辞めないでほしい」と話した。

 さらに脳死状態で3日間を過ごした妻が亡くなる日、保育器に入ったままの赤ちゃんを連れてきて妻の腕に抱かせてくれて、親子水入らずの短い時を過ごしたエピソードを披露。「墨東病院の医師も看護師も本当に良くしてくれた。彼らが傷つかないようにしてほしい」とした。

 夫は、医師不足や搬送システムなど浮き彫りになった問題について「のど元過ぎれば忘れるのではなく、具体的な目標を持って改善に向かってほしい。何かが変われば『これを変えたのはおまえのお母さんだよ』と子供に言ってあげたい」と話した。


時事通信より抜粋







こういうのを見てると、昔、産婆さんをおんぶしてダッシュしてた時代から医学どんだけ発達したと思ってんだ?って言いたいです。

マスゾエさん、がんばってください。






こういう世界は変わらなくてはいけません。

ERでの実績に汚点を残したくなかったのでしょうか?なぜ断るのでしょうか?

人の命は寿命がありますが、それを決めるのは人間ではないような気がします。

もっと医者は憲法を学ぶべきです。





だんなさんは、とてもステキな心で現実を見ていると思います。

超ポジティブです。







ソース 時事通信↓

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008102700918















そうかと思えば、こんな記事も発見。ハワイの妊娠に関する記事です。



ハワイでは、妊婦さんの自己管理が問題になっているようです。これはチョイ心が揺さぶられる思いがしました。



妊婦さんが タバコ、飲酒、しかも覚せい剤も・・・



神様はなんでオスとメスを作ったのかと・・・・



一ヶ月ごとに交代制とかでもイイのでは無かったでしょうか?





そんなことを言ってもどうにもならないので、医学の発達と、そのプロトコル強化を期待しましょう!!





ソース:ハワイモード↓

http://www.hawaiimode.com/ja/top/news/article/1016.htm







そして、ついに出たらしいです。USB妊娠検査デバイス。

http://www.slashgear.jp/2008/04/post-2436/






同じカテゴリー()の記事画像
twitterってなになんなや?
リキむ必要なし!
秋
スカイツリー
栗
年賀状に全力で!
同じカテゴリー()の記事
 BELKINがどうしたって? (2012-05-06 18:04)
 ゴールデンウィーク最終日、自宅待機選手権 (2012-05-06 14:23)
 自宅待機選手権 (2010-09-19 01:01)
 twitterってなになんなや? (2009-12-16 00:12)
 車が無い生活 (2009-12-13 23:42)
 リキむ必要なし! (2009-12-13 10:05)
Posted by ニッポンのイナカ at 22:46│Comments(0)田舎ライフ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。