庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2010年09月20日

誕生月別交通事故分析

イナカでは、高速道路というものはおそらく不要であろうということについて。国交省の実験状況を見ると、400%ほどの交通量だが、長期的な経済効果は期待できるのだろうか。

少なくとも、庄内平野では高速道路よりも公共交通機関の充実に予算を使ったほうが、高齢化する社会にとって有益だろう。たしか、政治家の誰かが言っていたような気がするが、行政が全ての道路を管理すればいいのだ。イナカはイナカらしく、ガタガタの道路でいいのだ。安全基準を指摘するのであれば、冬期間の地吹雪についても検討すべきである。道路の脇に塀を作っただけでは事故は減らないし、快適な道路利用など望めない。

事故状況などをチェックしようと酒田・鶴岡の警察署サイトで色々見ていたら、こんなファンキーなデータを発見した。

誕生月別交通事故分析なるデータである。OLみたいな発想だ。これぞ私が常に求めているニッポンのイナカの象徴である。誕生月別や業種別に詳しく分析しているが、個人情報はギリギリ大丈夫なようだ。このデータが意味するものとは一体なんなのか。警察官との合コンで役立ちそうだ。



ということで、社会や経済に有益な道路交通など、イナカが求めるものではないという結論に落ち着いた。軽トラックでのんびり走るのが一番である。急ぐような生き方をするなら、イナカを離れて都会で稼げ!である。



Posted by ニッポンのイナカ at 12:07│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。