庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2010年11月10日

iPhoneでポイポイポイポポイ

さっきからiPhoneをいじりつつペヤングを食いつつイラレでカキカキしつつ、ヤフオクで落札者と取引ナビでやりとりしつつ、これから部屋の模様替えをしようとしている。









iPhoneを手に入れてから劇的に変化した私のwebまわりの環境は、部屋のレイアウトまで変えてしまう。Appleの信者になった訳ではないが、iPhoneというか、スマートフォンは便利だということを友人たちに熱弁している。完全に使いこなしているわけではないが、RSSとTwitterがあれば、どんな組織でもスムーズに情報を交換しあえることがわかってきた。だが、この情報交換の欠点は、他のグループに伝える際に一手間かかってしまうというところ。スケジュールやファイルのやりとりなど、リリース前にやるべきことはクラウドの中で済ませることが出来る様になって、小さなひらめきも、大きなプロジェクトにつながる可能性が大きくなった。一人で考えるのではなく、クラウドの中にたくさんの人が集まって、開いている時間を利用してお互いに意見を交換しあい、完成させるための方法を考え合い、実行になるか却下されるかの判断がものすごく早くなった。



たくさんの人が、同じ情報を共有するということを、自分のまわりに当てはめてみると、役立ちそうな場面がたくさんある。しかし、現在の情報のやりとりの仕組みをフォーマットしなければならないというのは、個人で出来るレベルではない。例えば、スポーツ少年団の練習時間の変更や、場所の変更など、ある程度の人数に一度に同じ情報を提供しなければならない状況で、今までは人数分の紙を用意して、一人ひとりに配るという手法が一般的だった。それが、奥様たちのメールネットワークに変わりつつあるが、公式の連絡などは、あくまでも紙になっている。



スポーツ少年団を例に、スムーズな連絡の方法をいくつか書いてみた。



奥様たちのメアドを全て把握する。個人情報云々があるので、クラウド化して、スケジュールを更新するサイトを作って、予定の変更を通知させる設定にしてしまう。



練習内容や、チームの状況をブログで配信。更新する内容は必要最低限に抑える。なぜなら、挨拶文や時候の挨拶などは文書にしたときにやればいいから。例えば、サッカーのスポ少であれば、



明日の練習は、雨が降りそうなので室内に変更しますので、室内用のシューズを持たせてください。時間は予定通りです。



これだけ。ブログだからといって、今日のランチのレポートなどは必要ないのだ。ブログを更新するのも、ケータイからメールで出来るので、これも通信料金を気にすることはない。よって、おカネのトラブルというのはありえないし、個人情報を含む内容は配信しない。







そして一番簡単なのが、メーリングリストを作ってしまう方法。連絡係を交代制にしたりすれば、保護者の負担も減る。コーチから連絡係へ、そして全体へという流れがあれば、コーチとのコミュニケーションもスムーズだ。パスワードを、交代するたびに返上すれば安心だ。パスワードを忘れやすい人は、紙に書いたパスワードを写メすれば無くさない。

迷惑メール拒否設定している奥様であれば、それを解除してもらうための手順を書いた紙を配ってやってもらうか、保護者会などで変更をお願いして一斉にやってしまう。やりかたを知ってる人がケータイ音痴な人に色々と教えるのは、保護者にとって、いいコミュニケーションになる。そもそも子供たちは、そういう時代に生きている。イナカだから、誰もやってないからという親の都合は、子供にとって足枷になる。親が率先してこういったツールを使いこなすことで、子供たちも自然とそうした環境に親しむようになる。そうすると、情報処理能力が高くなり、本業のスポーツや勉強に集中出来る時間が増える。いいことだらけではないか。





こんな感じで、煩わしいやりとりをネットを上手く使ってやりくりすれば、チームの結束も強まり、勝利へと近づくような気がする。



そんな便利なモノなんて必要ないし、根本からネットやメールを用いた連絡や情報交換に拒否反応を示すようなネイティブな生活を好む人々が、テレビの天気予報を見損ねたということで不安になったりしているのを見ると、私はとてもセンチメンタルな気分になってしまう。












Posted by ニッポンのイナカ at 22:39│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。