庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2011年07月17日

節電を推奨する人々へ

この夏、このイナカでも節電を勧める動きがある。

イナカというのは、ただでさえ消費電力が少ない。電気を使う理由があまりないというべきか。



イナカと都会の差を評論しても意味がないので、「節電するといい人」になってしまっている現状に違和感を感じている市民も多いのではないかと考え、寝る前に少し書いてみる。



何のために節電するのか

私は小さい頃から、家の電気(灯り)をこまめに消すように言われてきた。明るさを抑えるためではなく、電気代を節約するためである。タダで明るさを得ることができるのであれば、とりあえず寝るまで消すことはなかっただろう。しかし、家庭における電力消費の比率をみると、灯りはそんなでもないことがわかる。



しかし、一番目立つ使い方ともいえる電気の明るさへの変換を抑え、それが節約するという目的なのであれば、もっと消すべきものはある。

このへんを見てほしい。

家電製品の消費電力リスト

日本の家庭の消費電力量内訳



おわかりのとおり、照明の消費量は、総量の1.5割程度である。



全部消して15%であることを理解できるはず。

家庭の照明をLEDに交換するのは、現在使用している電球が切れたときでよい。よって、使用できる電球をわざわざLEDに替えてしまったら、外した電球をもって雷雨の日に外に出てアタマを冷した方がいい。



節電することで暑さに耐え、快適さを制限することが復興につながると信じているなら、そうすればいい。全く意味がないとは言い切れないし、誰にも迷惑にならなければそれでいい。



しかし、そうした認識をもった大人が家族内にいるとなると問題は直接的になってくる。節電したいという気持ちをフォローするために、こんなことに電気を多く使うんだよと(上から目線で)教えてあげているのだが、なぜかワイドショーの影響を大きくうけていて、照明を減らす努力を続ける。



ワイドショーはテレビを利用して観るわけだが、そのテレビを消すだけで、ワイドショーでやっていた節電テクニックを補うだけの消費電力をカットできる。



節電の為に、ホームセンターで買い物をするという行動も、不要になる。その商品を生産するために必要な電力を節電すればいい。



私もこのブログを書く時間を減らし、デスクトップを使用するための消費電力を抑えれば節電になる。このブログが置いてあるサーバーの電源も切るべきだ。国内にある場合に限るが。例えば、原発で発電された電気を利用してサーバーを動かしているyoutubeなどに、反原発の動画をアップしたりすることも妙に思えてくる。





以上、節電を勧める理由が、原発に反対したり復興のためだとする人々のためになればという思いを込めて書いてみた。

最後に、節電する最上級の方法が東北電力の公式サイトに掲載されていたので紹介する。



アンペアを変更するとき |東北電力 - http://t.co/jzIEN6Zless than a minute ago via Tweet Button Favorite Retweet Reply




Posted by ニッポンのイナカ at 00:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。