庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2011年10月02日

ゴミ箱というダメな名前と、見た目のギャップを求めて

2011/10/02 01:00:34
部屋のゴミ箱がなぜかなくなっていて、以前使っていたのは全て子どもたちが各自使用することになっていたので、ゴミ箱を究める会を一人で開催。あまり遅くなると明日ムダに過ごすことになるのでだいたい30分くらいでやめておくことにする。


まずこれ。



生活雑貨として販売されているが、これは生活雑貨ではないということを、amazonは知らない。お店を管理するひとが、自分の店で売ってる商品についてあまり詳しくないことがわかる。

もしかしたら、amazonとかの仕組みを日本人がきっちりパクって、上手にサイトを作ることが出来たら、日本の社会はもっといい方向に進むのではないかと考えるのだが、まずはゴミ箱本体をみつけなければならない。

続いて、Google先生が出した答えはこちらの一般市民が住むマンションの下においてありそうなヤツが一番高額だということだ。


最後に
*ごみ箱dust boxゴミ箱*アンティーク風 ハンドメイド
入札件数で並べ替えるとトップ。この商品を、30も過ぎたオッサンの見習いが落札することはあまりやってはいけないことだと思うので、スルーする。

生活感があふれていのはヤフオクだろう。私が慣れ親しんでいるという個人的な理由もあるが、そう感じる。





さすがsnow peak 。アウトドアグッズのブランドというよりは、家に住んでない人のためのブランドのような気がしてきた。


すでに書き始めから30分が過ぎたので、やめにするが、ゴミ箱は昇華しただろうか。

Posted by ニッポンのイナカ at 01:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。