庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2012年04月12日

笑っていいともオンライン

テレビの影響をネットのチカラで覆すのをこの目で見る日はくるのかとふと思う。
そこまでネットのチカラを信じてるわけではないし、ネットかテレビかどっちかを選べと言われたら、ネットを選ぶし、けれどもネット接続料金がもっと高くなったら本気でどうしようか考える。


職場では、お昼休みに昼飯を食いながらテレビを見て、食い終わったらお茶を啜りながらiPhoneでネット見てる。会話しながら。

テレビだと、あまり興味がない内容だったりすると、テレビとは無関係の会話で盛り上がったりするし、テレビの内容から話がひろがることもある。

ネットは個人的に見るけど、見てる内容はニュースだったりするので、ニュース番組と同じソース。だからテレビで人の喋る速度より読む方が早いので時間短縮になるので便利。

でも、テレビなしで、メシを食いながら黙々とiPhone片手に情報を取り入れて、会話は別の内容で、というのは慣れてない。


ならば、お昼の番組をネット中心に進めていけばいいのではないかと思う。



笑っていいともオンライン



どうだろう。


「そろそろお友達のアカウントを紹介してください。」


ゲストがスタジオに来る必要なし。
テレビとネットの完全連動。
アクセス数と視聴率完全一致。



どうやってアクセス稼ぐかを考えると面白いけど、こういう仕組みを東北から発信していけるような企業があったらぜひとも会議に参加したいけど、人脈的に残念な感じになっているのでブログに書いて終わる。

しかも笑っていいともは、タモリが次のゲストを紹介する仕組みになったようだし。



テレビ観ながらネットしてるひとって多いはずなんだけど、テレビでみた内容をツイートしたり、気になったことをググったりするだけで、生放送じゃないから反映されるまでタイムラグがあるけど、ネットの場合、ある程度アクセス数を稼ぐことができる有名人がブログなどを更新し、あっという間にコメント数が増えて、それをネタにコピペ系が更新して、それをTwitterでひろげて。っていうスピード感に慣れると、ワイドショーとかでやってる内容が「昨日のニュースでやってた事件の検証」とかだと萎える。


笑っていいともオンライン


ぜひやってほしい。

笑っていいともじゃなくてもいい




ケータイ大喜利とかあるけど、わざわざテレビ向けにフィルタリングしなくていい。そのままネットやりながらテレビも観て過ごせればよし。ネット回線で参加しないと内容が理解出来ないテレビ番組というのは難しいので、ネットだけでやってみればいいのにと思う。

そういうのを東北復興と結びつけて、そろそろ桜も咲き始めるので、お花見会場から生放送しつつ、その場にいるお花見客がTwitterやってたら参加してください的な内容だったり、特定のサイトに誘導して広告をみてもらうとか、それを見たらその場にいる人だけ特典があるとか、そういう仕組みは地元の収益につながるのでいいのではないかなと思うような気がするけど机上の空論に終わる。買い物して寝る。







 


Posted by ニッポンのイナカ at 23:33│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。