庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2012年08月02日

休日の予定のたて方

夏である。

どうでもいいことかもしれないが、去年の今頃は何をしていただろう。
どんな気持ちでこの暑さを味わっていたのか、思い出せなくても問題なし。

仕事は忙しかったか。
家に帰って何をしていたか。
夏らしいことをして遊んでいたか。


去年の夏の思い出は嫁にでも聞けば記憶がよみがえるだろう。



今年の夏は今までとは少し違う気がする。

友人からの「騒ごうぜ!」という海遊びの誘いを華麗に断り、自宅でエアコンの効いた快適な部屋でゲームしていた。

だが、カニは採りに行った。


クルマで砂浜を駆けまわったり、月山の山頂から走って降りてきたり、ちょっとした深さまで素潜りして海底の様子を観察したりするための準備を怠らなかった自分が遠い過去の存在であるかのようだ。

ならば私は一体、何に備えているのか。



おそらく、自分でもうまく表現できないが、たぶん、お盆休みのため備えているのだろう。

今年は仕事が忙しすぎるのと、その他の事情からお盆休みは無いものとして考えていたのだが、会社から休日の予定が発表され、一般企業と変わらぬ連休になるとのこと。

休みが無いつもりで仕事脳だった自分が、やがてやってくる連休のために働くおっさんとして声高らかにお客と挨拶を交わす自分を客観視する感覚を味わっている。





「休みなんてオレには不要」
「仕事が詰まっているなら連休はいらない、オレにまかせてちょ」

先月、会社でそんなことを言っていた自分が、今はやがて訪れるバカンスに向けて、真っ白なスケジュール帳をひろげて胸を踊らせている。


連休最終日に自分が死ぬとしたら、一体オレは何をするだろうか。


本気で考えてみるのもありかもしれない。


いや、公言したとおり仕事をするべきだろうか。少なくとも会社では浮ついた言動は避けるべきだろう。

「あいつ連休いらねーとか言ってたのになんだあの張り切りっぷりは」

と思われる。




ぽっかり空いた休みの予定。



まだ家族には言っていない。言うかどうかどうすべきか。
仕事と偽るに値する何かが待っているだろうか。








Posted by ニッポンのイナカ at 22:35│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。