庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2013年04月10日

田舎ボケは本当にあるのか

ふと感じる違和感。

好奇心なのか知識欲なのか、知らないと損をしているような、理解出来なかったら負けのような、真実は他にあって、自分はその周りをウロウロしてるような感覚が。



もしかしたらもっとほかの方法があって、それを知らずにムダなことを続けてたんしゃないかと杞憂したり。



相手が人間だった場合はそんなことを感じないけど、それが情報だったり物理的な製品だったりすると、そんな気分になることがある。



他のことに気を取られて時間が経てば忘れてしまうのだけれど、その感覚を研ぎ澄ませれば新しい世界が見えてくるのかも知れないと、見ないと損をしてしまうような感じになる。



大げさかも知れないが、こういうのは煩悩のひとつなんじゃないかと。



不自然な状態であると錯覚してしまうのだろうか。

問題解決中毒から抜け出すには、その先にある何かを常に意識しておくことがポイントなのではないか。



直感というのは迷惑なモノである。
























Posted by ニッポンのイナカ at 21:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。