庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2013年08月20日

割れ厨の傷跡

三十路を過ぎ、音楽に対する感覚も変わり、HDDの中身を整理しながら自分の音楽遍歴を辿っていた。 もう二度と耳にすることはないであろうファイルを捨てるべきか、それともコレクションとして保存しておくべきかを考えるとき、「このファイルはどうやって手に入れたか」を思い出すことになるわけだが、CD音源を取り込んだものとそうでないものに分けられる。

取り込んでない方の音楽は、過去の自分によってインターネットを経由して入手したものであろう。 それらの音楽ファイルは低ビットレートで音質が悪いものもあり、聞くに堪えないゴミファイルである。いい曲なのに音質が悪くて聴けない現状を経済的余裕によって改善していくのがおっさんなので、少しずつファイルを入れ替えている。

ネットで音楽を探すようになって10年ほど経って、パソコンで音楽を管理するのが当たり前で数千曲を持ち歩けるのも当たり前になったのに、出先で聴きたくなる音楽は家にあることが多い。

全ての曲を持ち歩くのはちょっと面倒だし持って行ったとしても探しだすのが大変なので音楽を聴くための労力というのはある程度必要なのだということで、HDDも回転してるメディアなわけだし音楽っていうのは回すものなんだなと。

Posted by ニッポンのイナカ at 00:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。