庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2016年03月26日

賃金を上げても質が向上するとは限らず

保育士不足のニュースを目にすることが多くなって、この先の未来には子育てへの不安を解消する方法なんてあるのかなと思って記事を読んだり政治家のコメントを読んだりしている。

ひねくれた考え方かもしれないが、保育士を増やして給料をたくさんあげれば保育環境が好転すると言い切れるものではないように思うし、なんだか逆張りになってしまうけど、

直接子供に有益なものとなるような経済的支援策を国直轄で行い、
現在無能とされている労働基準監督署の体制を強化または組織解体及び改革し、
子育て世代へのハラスメントを厳罰化して中小企業の封建的経営による悪循環の断絶を図り、
女性の活躍する場の中心的意義を、職場ではなく家庭や地域活動に見出す政策に転換していくことで、
一般労働者階級の効率化と地方経済の回復、子供が安全に過ごせる環境作りへの積極的な参画を促し、低所得者層の保育施設頼りの現在の子育てスタイルから、
地域社会全体を「保育の場として活用できる環境」に変えていくことを目的とすることで、
保育士が介護職とイコールになりつつある現在の危機を回避できるのではないか。

子育てに関わることを拒む黒い大人がいるおかげで、子供の立場を考えることの出来る潔い大人達からは「カネの匂い」がしなくなり、年寄り相手のビジネスにグレーな大人が目をギラつかせるアンバランスな社会構造だ。


Posted by ニッポンのイナカ at 01:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。