庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2016年08月25日

屁の臭いを嗅ぐと気管支の炎症が和らぐ説浮上

咳が出て困ってる人は、誰かのケツに鼻を近づけろ。

これはデタラメではない。

今日、子供と風呂に入ってて、子供がちょっと咳をしてたのを気にしてたのだけど、夏風邪かなーって感じで、保育園からのお便りにはヘルパンギーナとかいう風邪に注意とか書いてあったのを思い出しつつ、風呂の中で3歳の子供に、陰毛は髪の毛ではないんだよということを理解させようと語りあいながら身体を洗っていた時のこと。その間もチョイチョイ咳をしていた。

風呂から上がろうとして2人で身体を拭いていると、私は何気なく、そして思いっきり屁をこいた。

私のケツから放たれた屁と私のケツの高さに位置する3歳の子供の背丈。

屁は、その風圧を感じるほどに我が子の顔に直撃した模様。

くっせぇよ

わざとらしく半べそになりながら笑いをこらえている子供にどれくらい臭かったか尋ねると、「パパの屁の1番くさいヤツくらい臭い」と言っていた。

そんなやりとりが夜の9時前くらい。

歯磨きをして寝る準備が出来たのがちょっと遅めの9時40分。

さて寝るかー

まて、子供の咳が止まっているではないか。大したことなくてヨカッタヨカッタ。

まさかあの屁が気管支の炎症を抑えたとでも?

それ以外に治療というか何か特別なことをしたわけでもない。


屁しかない。


臨床テストを重ねていきたい。



Posted by ニッポンのイナカ at 22:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。